2841円 ph計 デジタルpHメーター PH&CL2塩素レベルメーター 2in1 PHテスター 水質測定器 ペーハー測定器 自動温度補正 水槽 水族館 プール 温泉 スパ 水質検査 ポータブル 産業・研究開発用品 研究開発用品 研究用機器・計測機器 2841円 ph計 デジタルpHメーター PH&CL2塩素レベルメーター 2in1 PHテスター 水質測定器 ペーハー測定器 自動温度補正 水槽 水族館 プール 温泉 スパ 水質検査 ポータブル 産業・研究開発用品 研究開発用品 研究用機器・計測機器 デジタルpHメーター,スパ,PH&CL2塩素レベルメーター,水質測定器,水族館,プール,水槽,/cinereal1512851.html,q.mints.ne.jp,ph計,産業・研究開発用品 , 研究開発用品 , 研究用機器・計測機器,自動温度補正,2841円,水質検査,ポータブル,ペーハー測定器,2in1,温泉,PHテスター ph計 デジタルpHメーター 超特価SALE開催 PH CL2塩素レベルメーター 2in1 PHテスター 水質測定器 ペーハー測定器 スパ プール 自動温度補正 水質検査 水槽 温泉 水族館 ポータブル ph計 デジタルpHメーター 超特価SALE開催 PH CL2塩素レベルメーター 2in1 PHテスター 水質測定器 ペーハー測定器 スパ プール 自動温度補正 水質検査 水槽 温泉 水族館 ポータブル デジタルpHメーター,スパ,PH&CL2塩素レベルメーター,水質測定器,水族館,プール,水槽,/cinereal1512851.html,q.mints.ne.jp,ph計,産業・研究開発用品 , 研究開発用品 , 研究用機器・計測機器,自動温度補正,2841円,水質検査,ポータブル,ペーハー測定器,2in1,温泉,PHテスター

ph計 デジタルpHメーター 超特価SALE開催 PH お得なキャンペーンを実施中 CL2塩素レベルメーター 2in1 PHテスター 水質測定器 ペーハー測定器 スパ プール 自動温度補正 水質検査 水槽 温泉 水族館 ポータブル

ph計 デジタルpHメーター PH&CL2塩素レベルメーター 2in1 PHテスター 水質測定器 ペーハー測定器 自動温度補正 水槽 水族館 プール 温泉 スパ 水質検査 ポータブル

2841円

ph計 デジタルpHメーター PH&CL2塩素レベルメーター 2in1 PHテスター 水質測定器 ペーハー測定器 自動温度補正 水槽 水族館 プール 温泉 スパ 水質検査 ポータブル

商品の説明

仕様:
条件:100%真新しい
材質:プラスチック+金属
カラー:グレーホワイト
サイズ:約18×11.6×3.1cm / 7.1 \"×4.6\"×1.2 \
電源:1 x 1.5V単三電池(別売)
プールとスパの推奨塩素濃度:1.2〜1.7ppm
プールとスパの推奨pHレベル:7.2〜7.8pH
パッケージの重量:220g

注意:
1.プールやスパの水以外の液体にプローブを浸さないでください。
2.使用しないときは、スイッチを閉めてください。
3.テスターを涼しく乾燥した場所に保管してください。

使用法:
このテスターを初めて使用する前に、次の順序でプールまたはスパの水に合わせて調整する必要があります。
1.従来の液体テストキットを使用してプールまたはスパ用水をテストする
2.必要に応じて塩素の読み取りレベルを記録します。
pHの調整は不要です。
塩素テストの調整ポイントを見つける方法:
1.ハンドルのコンパートメントに1本のAA 1.5Vバッテリーを挿入します。
2.テスターを一方の手に、プローブを他方の手に持ってください。
3.洗浄した金属プローブを黒い帯の水に差し込みます。
4.プローブで水をわずかにかき混ぜる。
5.プローブが水中にある状態で、テスターの面にあるホイールを左にずらして \"CL\"の方に回します。針がコンベンショナル液体テスターで記録した塩素レベルと一致するまでホイールをゆっくりと右に戻します(例:1.5ppm)
6.ホイールに触れることなくプローブを水から取り除きます。インジケーターは右端に移動し、AとEの間の文字で停止します。この文字は「調整ポイント」です。

注:
このテスターを使用して塩素レベルをテストする場合は、いつでもテスト前に「調整ポイント」に調整する必要があります。

ph計 デジタルpHメーター PH&CL2塩素レベルメーター 2in1 PHテスター 水質測定器 ペーハー測定器 自動温度補正 水槽 水族館 プール 温泉 スパ 水質検査 ポータブル

新着レポート

アクセスランキング

【シンクタンク】ニッセイ基礎研究所は、保険・年金・社会保障、経済・金融・不動産、暮らし・高齢社会、経営・ビジネスなどの各専門領域の研究員を抱え、様々な情報提供を行っています。

ページTopへ戻る